[包帯クラブ]
9/15(土)より全国ロードショー
あらすじ/ストーリー
ある日、女子高生のワラは不思議な少年
ディノと出会うことに。「手当て、や」とワラの手首から
解けた包帯をディノがフェンスに巻きつけたことから
「包帯クラブ」が始まる・・・。
監督/堤幸彦 出演 柳楽優弥 石原さとみ

houtai.bmp
青春とは悩み、傷つき、出口の見えないもの。
だが、悲しいニュースで多すぎる時代には
小さな傷は見過ごされてしまいがち。
包帯クラブ」はそんな傷に
包帯を巻いてヒトの痛みを知り
絆を育んでいく若者を描いた
正真正銘の青春映画です。

ワラ : 石原さとみ

清純派女優の石原さとみクン。
包帯クラブ」ではぴったりの役どころですね。
そんな石原さとみクンのプロフィールをリサーチ。


石原さとみ(本名非公開 986年12月24日)
ホリプロ所属。
出身 東京都。


第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン
『ピュアガール2002』グランプリ受賞。
これを機に女優活動開始。

同オーデション参加以前にも
現在所のホリプロ系列の俳優養成所、
ホリプロ・インプルーブメント・アカデミーに所属し、
『石神国子』名義で映画『ホ・ギ・ラ・ラ』、
『船を降りたら彼女の島』に出演、芸能活動の経験がある。

第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン
参加の時点でまだ高校一年生。
それ以降しばらくは芸能活動と学業を両立。
2005年3月 高校の卒業。以来女優業に専念。

is.bmp

デビュー以来ほぼ女優業に専念しており、
TVドラマ、日本映画の出演を中心に活動を行っている。
特にTVドラマへの出演が多い。
2006年「奇跡の人」で舞台へ進出。
映画、TVドラマを含め出演作品のうち、
主役、ヒロインとしての出演が多い。

バラエティ番組への出演も行うものの、
出演するTVドラマ、
映画のプロモーション活動をかねている事が殆ど。
雑誌等で水着を着てグラビア撮影することは皆無
(残念)

歌手業は未経験。
ただし芸能活動で歌ったことはある。
NHK連続TV小説「てるてる家族」では、
劇中「幸福を売る男」と「恋の季節」をソロで歌った。
フジテレビの新堂本兄弟で、
プロモビデオに出演するゆずのシングル曲
「桜木町」を歌ったことがある。

ラジオパーソナリティが子どものころからの夢。
自らの冠番組のラジオ番組をもち、
2005年4月より週一回の番組の
ラジオパーソナリティを続けている。

公式ブログはないがWeb日記を開設。
(公式ウェブサイトの『さとみ日記』)

あだ名は特にない。
テレビ出演などでは“さとみちゃん”と
呼ばれることが多い。
家族は父親、母親、兄と自身の4人。
ペットにミニチュアダックスフントを飼っている。
名前はヘレン。
(これは出演した舞台の役名に因む)
幼少期より多くの習い事を経験しており特技が多い。
クラシックバレエ、琴、ピアノを習っていた。
他、ヒップホップダンス、バスケットボール、
テニスを特技とする。
目標とする女優は吉永小百合。
TV出演などではほとんど見られないが
普段は眼鏡をかけている
(ただし常時着用というわけではない)。
2006年 オートマチック限定免許を取得。





石原さとみ出演映画
・ホ・ギ・ラ・ラ(2002年) - サンジュ役
・船を降りたら彼女の島(2003年) - 水上ちづる役
・わたしのグランパ(2003年、東映) - 五代珠子 役
・Jam Films S すべり台(2005年)
・北の零年(2005年、東映) - 小松原多恵 役
・包帯クラブ(2007年、東映) - 騎馬笑美子(ワラ) 役
・フライング☆ガールズ(2008年、東映) - 早瀬ゆかり役

連続テレビドラマ
・きみはペット
(2003年4月-6月、TBS) - 澁澤ルミ 役
・NHK連続テレビ小説 てるてる家族
(2003年9月-2004年3月、NHK) - 岩田冬子 役
・WATER BOYS2
(2004年7月-9月、フジテレビ) - 矢沢栞役
・H2〜君といた日々
(2005年1月-3月、TBS) - 古賀春華 役
・大河ドラマ 義経
(2005年1月-12月、NHK) - 静(静御前) 役
・Ns'あおい
(2006年1月-3月、フジテレビ) - 主演・美空あおい 役
・花嫁とパパ
(2007年4月-6月、フジテレビ) - 主演・宇崎愛子 役


【 石原さとみ 動画 】
そんな石原さとみクンの映像をここで。
ケッコウ期待させるのですが、、、、。
「若いねぇ!」でバッサリ。。




-------------------------------------
映画「HERO」。
9/8より上映中。
これもまた超人気作品ですね。
もうご存知でしょうけど簡単に紹介します。

■HERO ストーリー 

6年ぶりに虹ヶ浦から東京地検城西支部に
異動となった検事・久利生公平(木村拓哉)
早速、芝山が起訴した傷害致死事件の裁判を任されることに。
早期に決着がつくと思われていたのに、
容疑者が急遽、一転して無罪を主張するという予想外の事態に。
その容疑者を刑事事件無罪獲得数日本一の
敏腕弁護士・蒲生一臣が弁護。
冷静な法廷戦術で久利生を追い詰める。
やがてこの事件。
久利生が山口県・虹ヶ浦支部赴任時に
大きな因縁がある代議士・花岡練三郎の
贈収賄事件の鍵を握っていることを知る。
久利生と雨宮は事件の真相を知るため
韓国・釜山へ飛び、韓国の検事カン・ミンウ
協力を得て調査を進める。

久利生公平 - 木村拓哉

雨宮舞子 - 松たか子
中村美鈴 - 大塚寧々
芝山貢 - 阿部寛
カン・ミンウ - イ・ビョンホン



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54518773

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。