[包帯クラブ]
9/15(土)より全国ロードショー
あらすじ/ストーリー
ある日、女子高生のワラは不思議な少年
ディノと出会うことに。「手当て、や」とワラの手首から
解けた包帯をディノがフェンスに巻きつけたことから
「包帯クラブ」が始まる・・・。
監督/堤幸彦 出演 柳楽優弥 石原さとみ

houtai.bmp
青春とは悩み、傷つき、出口の見えないもの。
だが、悲しいニュースで多すぎる時代には
小さな傷は見過ごされてしまいがち。
包帯クラブ」はそんな傷に
包帯を巻いてヒトの痛みを知り
絆を育んでいく若者を描いた
正真正銘の青春映画です。

監督は堤幸彦氏

包帯クラブ

監督は。
「池袋ウエストゲートパーク」、「TRICK」シリーズ、
「ケイゾク」、「サイレン」、「明日の記憶」と、
話題作・ヒット作を送り出している堤幸彦

若手キャストのリアル≠引き出す演出術を駆使しながら
傑出した青春映画を描きあげていく。
撮影は、1月11日にクランクインし、
関東近県でのオールロケーションを敢行。

友情、恋愛、裏切りと別離。
傷つくことがある意味カジュアル化し、
「癒し」という言葉が街中に溢れる時代。
見えない「傷」が本当に癒される方法なんてあるのか!?

包帯クラブの生みの親≠ニも言えるTBS「王様のブランチ」。

同番組が強力なサポート体制を敷き、
従来にない画期的なプロジェクトとなる
映画「包帯クラブ」。
2007年秋、日本人の傷ついた心に包帯を巻いていく。

【 包帯クラブ 動画 】

王様のブランチ 包帯クラブ学校試写会(2/2)の様子です。



この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。