[包帯クラブ]
9/15(土)より全国ロードショー
あらすじ/ストーリー
ある日、女子高生のワラは不思議な少年
ディノと出会うことに。「手当て、や」とワラの手首から
解けた包帯をディノがフェンスに巻きつけたことから
「包帯クラブ」が始まる・・・。
監督/堤幸彦 出演 柳楽優弥 石原さとみ

houtai.bmp
青春とは悩み、傷つき、出口の見えないもの。
だが、悲しいニュースで多すぎる時代には
小さな傷は見過ごされてしまいがち。
包帯クラブ」はそんな傷に
包帯を巻いてヒトの痛みを知り
絆を育んでいく若者を描いた
正真正銘の青春映画です。

包帯クラブを観て

包帯クラブ観ました。

情、恋愛、進路、受験、家族、部活、ライバルetc..
色々な感情が渦巻く高校時代が走馬灯のように
自分の中に駆け巡る作品でした。

大人になってしまうとどうしても
「あきらめ」とか「こうれはこういうものだ」
というような概念が生まれてしまい、
ややこしいものから目をそむけよう
とする癖がついてしまいます。
(私だけ? どんなことないですよね^^;)

包帯クラブ」はそんな葛藤見事に描いていたと思います。
苦しいこと、いやなこと、
関わりたくないことから目をそらさずに
真正面に見つめていく。
これって大切なんですよね。
若いころにそう教えられていたはずなのに
不都合なことから目を背けるようになったのは
いったいいつからだろう?
そんな思いにとらわれました。

実世界は毎日暗いニュースばかりです。
児童虐待、育児放棄、家庭内暴力、無理心中・・
毎日ニュースで報道されています。
もうこのレベルでは目立つものでもありません。
でもその裏側には何があるのか?
事件の引き金となった痛みを分かってあげることが出来るのか?

その象徴的なシーンがテンポとリスキの
話し合いのシーンだったと思います。
あれは人の痛みの分かる人間と、
分からない人間を最も揶揄した
印象的なシーンだったと思うんです。

アオイことを言うようですが、
「人の痛みを知ることの大切さ」
「痛みに向き合う強さ」

包帯クラブ」はそんなことを改めて
教えてくれたような気がします。

hc1.bmp

包帯クラブ
是非友達と一緒に見に行って欲しいです。

余談ですが。
「包帯クラブ」で使われた包帯の総使用量。
どのくらいだと思います?
2000本!
言い換えると
1万8000メートル!

18km。
ハーフマラソンくらいですね。
こりゃスゴイ^^;

包帯クラブ 感想/レビュー

包帯クラブ」。

みなさんもう観ました?
まだの方は、レビュー(感想)を集めたので
参考にしてくださいね。

⇒登場人物たちは皆好感が持てます。
行き過ぎな感はあるものの
柳楽くんのディノはさすがです。
石原さとみさん(ワラ)が特に良かった。
とても魅力的ですっかり見直しました。

⇒なんだか青くて痛くてはずかしい。
でも、高校の頃ってあんな感じだったかもしれない。
彼らの中に過去の自分の片鱗をみるようで・・・
なかなかに感慨深いものがありました。

⇒時折、無音になる演出が効果的だったように思います。
何度かドキっとさせられました。


⇒ギモの酔ったときの言動って本物かな?
子供の頃に受けた傷の内容を考えると
なんだかしっくりきません。

⇒とても良い映画でした。
映像の美しさには特に目を奪われます。
音楽の使い方も絶妙。
なんといっても柳楽優弥、石原さとみを
はじめとする出演陣の演技が素晴らしい!
役どころとして見事にハマっていました。
監督とキャスト陣の頑張りが伝わってきますよ。

⇒元々のテーマが地味すぎます。
包帯を巻くだけですから。
映画化して映えるもんなのかとかなり不安でしたが、
キャスト陣の好演もあって
良い感じのヒューマンドラマになっていたと思います。
どちらかというと映画としてじゃなく
TVドラマとしてやって欲しかったという気持ちもありますが。

⇒音楽が凄く良かった。知らない人だけど。

といったレビュー(感想)が集まりました。

キャストは上々、ストーリーは平凡だけど温かい。
派手さはないけど癒してくれる

そんな作品ですかね。

テンポ : 関めぐみ

テンポ役の関めぐみさんをリサーチしました。

関 めぐみ(1985年9月8日)

神奈川県出身。
多摩大学目黒高等学校卒業。
所属 スターダストプロモーション。
身長169.8cm。
おとめ座 B型。

長身でクールなルックス。
映画に多数出演。
高校時代に20以上のモデル、芸能事務所からスカウトが来たが、
父の『自分の容姿で稼ぐのは努力を必要としない』との考えから、
スーパーのレジ打ちのアルバイトをしていた。
プロフィールの『特技』欄に『レジ打ち』とあるのはその影響。
イチゴが大好き。
毎日食べている。⇒スゲェ!
オレンジレンジの大ファンだとか。
今でも長身だが身長をあと5cm伸ばしたいとか。
好きな芸能人は加藤浩次 。

seki.bmp

2004年4月 『爽健美茶 緑茶ブレンド』のCMでデビュー。
2005年3月 映画『恋は五・七・五!』で主演デビュー。
2006年2月 『恋は五・七・五!』『8月のクリスマス』で、
2005年(第60回)毎日映画コンクール・スポニチ
グランプリ新人賞受賞。

関めぐみ出演映画
・恋は五・七・五!(2005年3月26日公開) - 高山治子 役(主演)
・8月のクリスマス(2005年9月23日公開) - 高橋由紀子 役
・笑う大天使(ミカエル)(2006年7月15日公開) - 斎木和音 役
・ハチミツとクローバー(2006年7月22日公開) - 山田あゆみ 役
・素敵な夜、ボクにください(2007年2月24日公開) - 木村ひかり 役
・アヒルと鴨のコインロッカー(2007年公開予定)-琴美 役
・彩恋 SAI-REN(2007年8月4日公開)-紺野奈都(ナツ)役
・包帯クラブ(2007年9/15公開)-本橋阿花里(テンポ)役
・ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ (2008年公開予定)
・未来予想図(2007年公開予定)-村本美樹 役

関めぐみ出演TVドラマ
・がんばっていきまっしょい(2005年7月 - 9月、フジテレビ)
・もうひとつのシュガー&スパイス(2006年9月6日、フジテレビ)
・ライフ(2007年6月30日 - 、フジテレビ) - 羽鳥未来 役

関めぐみさん。
個人的に大好きです。
何か考え事をしているシーンが妙に板についています。
年齢以上の落ち着きがまたいいですよね。
ドラマ「ライフ」では苦境にたつ北乃きいちゃんを助ける役だが、
関めぐみ本人も暗い過去をもつシブイ役どころ。

包帯クラブ」でもクールなんだけど、
人に簡単に心のウチを見せない、しょいこんだところのある
役どころです。

包帯クラブキャスト

【包帯クラブ 主なキャスト】
を紹介します。

原作 : 天童荒太(筑摩書房刊)
監督 : 堤幸彦
主演 : 柳楽優弥 石原さとみ  

天童荒太(原作)
1960年 愛媛県生まれ。作家。
大学卒業後に執筆活動に入る。
86年『白の家族』で第13回野性時代新人文学賞。
93年『孤独の歌声』で第6回日本推理サスペンス大賞優秀作。
96年『家族狩り』で第9回山本周五郎賞。
2000年にはベストセラーとなった『永遠の仔』で
第53回日本推理作家協会賞を受賞。
04年『家族狩り』をあらためて書き起こした。
06年『包帯クラブ』をちくまプリマー新書の
一冊として刊行して話題を呼んだ。
他の著作に『あふれた愛』、画文集『あなたが想う本』、
対談集『少年とアフリカ』がある 。



堤幸彦(監督)
1955年生まれ。愛知県出身。
「金田一少年の事件簿」(95)以降、
従来のドラマとは一線を画するトリッキーな
作品を生み出してきた。
「ケイゾク」(99)
「池袋ウエストゲートパーク」(00)
「トリック」(00)
と立て続けに時代を象徴する話題作を世に送り出す。

2006年には「サイレン」
「明日の記憶」
「トリック劇場版2」が公開。

2007年も「大帝の剣」
「自虐の詩(あいのうた)」(秋)の公開が控えている。

堤幸彦いわく、
「素晴らしい純粋性を持つ原作と出会うことができ
身が引き締まる思い。
どうか、ご期待ください。」


柳楽優弥(ディノ)
1990年東京都生まれ。
『誰も知らない』(2004)で
主演に抜擢され映画デビュー。
同映画で第57回カンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞。
同映画祭での俳優部門の受賞は日本人初。
当時14歳での受賞。
これも史上最年少記録。
その後も
「星になった少年 Shining Boy&Little Randy」(05)
『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』(06)に主演 。

今までとは、違う役を演じるのが、楽しみです 。
とコメントする柳楽優弥。


石原さとみ(ワラ)
1986年東京都生まれ。
2003年「私のグランパ」で映画デビュー。
ブルーリボン賞をはじめ数多くの新人賞を受賞。
その後も映画「北の零年」(2005)や
NHK大河ドラマ「義経」 (2005)、
「ナース あおい」「氷点 」 (2006)など
数多くの映画・ドラマに出演。

2006年には初舞台「奇跡の人」で
へレンケラー役を熱演。
今最も注目される若手女優。
1月13日公開の
米映画「モンスターハウス」では声優に初挑戦。
今年は更に活躍の場を広げていく。

今回演じるワラはですが。
「家族や友達との関係で悩んだり、
日々の暮らしになぜか無気力だったり…
言葉遣いがちょっと悪い
今どきの女の子です。
今まで演じたことのない役なので
とてもワクワクしています。
堤監督とは以前に「H2」で一話だけご一緒しました。
今回はがっつり組むことができるので
本当に嬉しいです。」と
石原さとみのコメント。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。